So-net無料ブログ作成
検索選択

医者の「こんなもんだろう」

はっきりと原因の分かる病。

例えば、布団を蹴飛ばして寝た為、風邪を引いたとか、
傷んだ食べ物を食ってお腹をこわしたとか・・・

こんな場合、対処は簡単、○○医者でもOK。

しかし原因の解りにくい病になった時

医者は“感”を頼りに「こんなもんだろう」と
治療や投薬を行う事になる。

しかし私は3回行って“改善”が見られなかった場合
さっさとその医者は諦める。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば、ボールをある一点に当てようと投げた場合を考えてほしい。

「こんなもんだろう」と第一球目を投げたら、左に逸れた。

第二球目は“右に!”と意識しながらと投げたら、今度は少し右に。

しかし三球目は、雑念なく一点集中の「こんなもんだろう」だから
たいがいの人は目標に当たる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


同じ医者に、三回行っても症状に改善が見られないというのは


意識集中して患者に対応していないか

またまた、医者としての能力に欠けるのかの

どちらかだと思うのだがどうだろう。


しかし治らなくても、医者はそれでも儲かっている。

そう、医者は私達と違って“成功報酬”ではないのだから。

それと客にボロカス言って儲かる商売は“医者”だけ。

「ん? 高岸くん、怒っている?」

そう、えらく怒っている!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。