So-net無料ブログ作成
検索選択

恐ろしい脳疲労 PART-1

人の疲労には大きく分けて2つある。


体の疲労と、脳の疲労である。


手足がだるいとか動かなくなったとか・・・・
こう言った体での疲労は解りやすいし、またその“対処”も簡単。

単に身体を休めれば良いのだから。


しかしそれに反してもう一つの疲労、脳疲労は
体の疲労と違い、意識上に全く上ってこないから解りにくい。


いつも出来る事が出来なかったり、間違ったり

また、本意でない暴言を吐き、相手を傷つけてしまってから
やっと自分の“頭”が疲れていたせいだと気が付く。


私は、“脳”が身体で起こる全てを支配していると考える。

脳疲労が怖いのは身体中に間違った指令を出してしまうから。


① 交感神経、副交感神経に出す指令が間違っていたら?
   不整脈やホルモンバランスの崩れなど即、健康に関係するはず。


② 五感に出す指令が間違っていたら?
   正確な情報収集は出来ないし、いい加減な情報発信しか出来ない。


③ 思考に出す指令が間違っていたら?
   大事な上司やクライアントに暴言を吐いたり、感情のコントロールが出来なくなる。


身体は正常なのに、原因がわからず体調を崩したり、間違いや錯覚誤解が増え
けがをする、思い込みが激しくなる。


これ全て脳疲労のせいである。


難儀な事に、人は自分が脳疲労状態になっているのか
また、そうでないのかを判断する脳を持ち合わせていないのです。

いわゆる自覚症状があまりない。


さて自分では全くと言って分かりにくいこの脳疲労。


放っておくと先ほど言った間違い誤解、錯覚等が続き、
知人から、社会から、家族からの信用を無くし、マイナス思考に落ち込む。


そして、やがてマイナス思考はスランプ状態となり・・・

結果うつ症状が現れ社会から離脱してしまう怖い怖い「脳疲労」


まず、そのような怖い脳疲労が重症になる前に察知することが大事。


次回ではそのとっておきの察知方法と、その回復方法をお話ししようと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。