So-net無料ブログ作成
検索選択

自分の”力”を出し切る!

さて、最近のメンタルトレーニングセミナーの中で
ふと気付いた事がある。

いや誤解されている事がある。

メンタルトレーニングを行うと

自分の持っている“力”以上のもの
いわゆる120%の“力“が出る!と考えている人が多いのである。

違うのである。

自分の“力”は出し切っても100%。

120%の“力”が出たと思うのは、
もともと自分が持っていたものなのである。

メンタルトレーニングの目的は

大事な場面で
自分の持っている“力”を100%出し切れるようにする事。

間違っても自分が持っていない“力”がゴソゴソ出てきてくれる訳ではない。

普段なら、間違うはずの無い簡単な事を
過度の緊張や雑念などによって間違ってしまうのを“阻止”するためである。

例えば・・・

同じような“力”を持っているA君とB君が試合をしたとしよう。

A君は緊張、雑念そして不安感などのため、持っている力を70%しか出せなかった。

しかしB君は緊張や雑念を消し90%の“力”を出したとしたら・・・・

結果、同じレベルなのにA君の負けになる。

そう、メンタルトレーニングとは
大事な場面での緊張や雑念、そして不安感を無くす事なのである。


メンタル+α

想定外の“暑さ”がやってきた。

がんがん照りで連日の35度超え・・・・

台風はどこに行った?

梅雨はどこに行った?

なんせもう息もたえだえ・・・

その暑い最中、広島での企業研修に。

第一回目、3時間半。
第二回目、4時間半。
第三回目、3時間半。

これはこの暑さの中、結構厳しいものがある。

メンタルの強化だけでは、すこし心もとない感じがするが
しかし、今から体力トレーニングは無いだろう。

無事、帰阪出来る事を祈って・・・・・


暴言

唐突な話だが、私は都心の高層マンションには住みたくない。

なぜなら・・・・・

都心は埋立地が多いため、高層になると上の階は常に揺れている。

地震などの災害時には特に長く大きく揺れるだけでなく
エレベーターは止り、トコトコ歩いて上り下りしなくてはならない。

そして窓を開けると突風が入り込み
騒音は上に行くほど、他のビルに反射し大きくなる。

私はイタリアにいるときから現在まで
住まいは3階と決めている。

なぜなら・・・・・・

エレベーターは使わなくても良いし、適度の運動になる。

2階だと入ってくるドロボーも3階には入ってきにくい。

たとえ落ちたとしても死ぬ確率は少ないし
そして冬は下の階、上の階の暖房に挟まれ光熱費の節約にもなる。

またまたそして、

なんと言っても“地”のエネルギーを感じる事が出来るからである。

人は常に磁場のエネルギーを感じていなければ体調を崩しやすい。

なのに人は何故高層マンションの上部に住みたがるのだろうか。

見える景色と言ったって、汚いビル群の屋上が見えるだけなのに・・・・

ん?ん?・・・政治家でもないのに“暴言”を吐いてしまった。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。