So-net無料ブログ作成

船井幸雄さんの思い出

経営コンサルタントで
船井総合研究所の創業者である船井幸雄氏が亡くなった。

残念なことである。

かれこれ18年前
私の講談社よりの初本「思いのままに脳を動かす残像力」を出した時

販促サポートをお願いしたわけでもないのに
船井さんは自身の著作本、講演会、それに船井ミーティングなどで
その本の多大なる広報をしていただいた。

おかげで、大した内容の本でもないのに、5万冊も出た。

後日、お会いする機会があり
その時のお礼を言うと

「いやぁ~私はね、良い物を世に紹介する役目があるのですよ。」

と、ふんぞり返って高笑いされておられた姿を想いだす。

その時、自身の靴のかかとを指差し
「ねぇ、この靴、底上げなんですよ。」とまた高笑い。

いつもニコニコしていて
小さい方なのだけど、心の大きな方だったと・・・・・

ご冥福をお祈りいたします。


これってユーモア?

朝の満員電車に
結構高齢なスーツ姿の男性が乗り込んできた。

サンバイザー的な帽子をかぶっているのだが・・・・

乗客はほぼ全員が見つめている。

しかし高齢のわりには、毛が豊富でおまけに超ド金髪。

名称未設定 1.jpg

良く観察して見ると

なんと髪の毛がついた帽子。

本人は真面目な顔をして“つり革”を持っている。

暖かいのだろう。

して、朝から笑いを提供出きるとは
ゆとりとユーモア満点なオジサンである。

それとも・・・・・・?


今年も元気!

遅いのではないかとの指摘も覚悟の上

2014年明けましておめでとうございます。

お正月も早々に切り上げて出張の連続。

アイドリングも無しに突っ走ったせいか
風邪を引いてしまった(-_-;)

この風邪、何処で誰にうつして頂いたのか
はたまた自分の不注意で引いたのか、全く記憶に無い。

さて、風邪を治すために医者に行っているのに

「風邪は良いとして置いて、血圧が高いのが問題。」

とのたまう医者。

良い事何ぞ無い!私は風邪を治すために来ている・・・

血圧なんぞ、一日のうち上は120~180くらいまで変化するのは当然の事。


「先生の顔見てるから上がるのですよ。いわゆる白衣血圧です。」

「ん?そんなに小心者の人には見えないけどね。」


(私の心中)→言うねこの医者。

(医者の心中)→言うねこの患者。


しかしお正月、新幹線から見た世界文化遺産“富士山”は
例年に無く素晴らしかった。

P1050919p.jpg

どうやら今年も高岸は“元気らしい”


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。