So-net無料ブログ作成

ストレス過多の罪悪

サッカー狂いの私が楽しみにしていた

ワールドカップが終わってしまった。

今回こそはと日本代表の活躍を期待していたのだが

あえなく一回も勝つことなくグループリーグで終わってしまった。

何故日本国民の期待に添えなかったのだろうか。


色々と問題はあるのだろうがその一つは?

日本代表チーム、監督以下全員が「ベスト8」以内などと言うあまりにも高い

「目標」を掲げ過ぎたのではないだろうか。


高すぎる目標は、心身で過度のストレスを誘発し

持っている“力”全力を出し切れない場合が多い。


さてさて、”ストレス”自体は何も悪くない。

問題は、そのストレスが“許容範囲”でのものなのか

はたまた許容不可能なのかが問題なのである。


許容内のストレスの場合、適度なアドレナリンと共に快感ホルモンである

ドーパミンを噴出させ、いままで行えなかった「創造性豊かな」プレーを引き出し

思ってもみなかった結果を得る場合が多い。


反対に許容不可能の場合、脳も身体も“過緊張状態”から脱せず

練習で出来ていた事すらできなくなる。


だから今回の目標はグループリーグ2位で通過する!で良かったのである。


いわゆるメンタルトレーニングの原点

「夢」が「目標」と言う名に変わっていなかったと言う事。

その変わり切れていない日本代表をその”気”させてしまった諸悪の根源は

日本のバカなマスコミ関係かも。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。