So-net無料ブログ作成
検索選択

依存症

買ってまだ3か月にも経っていないのに

HPパソコン、Windows8.1が動かなくなってしまった。

アプリケーションエラー表示が2度出たかと思ったらプッスン。


データのバックアップを手動でしていたのが仇となり

近々の見積書やイラストレータ原稿、そして図面がいとも簡単に消失。

当然の事、仕事自体はすべてストップとなる。

その私の慌て方は、今思い出しても恥ずかしい。


仕方なしにヒューレットパッカード社に電話する。


こちらの苦しみなど微塵も感じていない“上海のオペレーター”はのたまった。

「お客様!それはもう初期化しないとだめです!」だと。


“初期化する”と言うことはすべてのデータと難儀して入れたソフトは全て“消える”

慇懃無礼なものの言い方とはこのような事を言うのだろう。


そして言う通り初期化したら、今度はOFFICEやメールソフトが入らない。

ということでサラに替えるのでなく時間がかかる“引き取り修理”となる。

天下のヒューレットパッカード社もケチな事をする。

この騒動の経済的な影響は大きく、おかげで今年はマイナス成長である。


さて、もう何年前になるだろうか

「パソコンは良いところ使い、絶対に使われないようにしよう!」

と決めていたのに、今気が付くと完全に使われてしまっている。

それも顎で・・・・・

はて、このような話、他にもどこかであったような・・・・・・・?

ハッと気が付くと・・・・目の前に妻の顔が。


手っ取り早い”感性”作り

先日、奈良は学園前にある松伯美術館を覗いてきた。

展示のメインは日本画家、上村松園、松篁・淳之。

この美術館、故佐伯勇近鉄名誉会長旧邸の庭に

近畿日本鉄道が主になって作られたもの。

少しデザイン過多だが、なかなかの建物である。


そして何といっても展示物が良い。

特に上村松園の“下絵集”が素晴らしい。

img004.jpg


完成前の下絵には完成後の作品より

のびのびとした力強い線が走っている。

私の場合は少し思考レベルが下がる。

値段の安い“紙”に描くときは「おっ!」という線が走るのだが

高い“紙”を目の前にすると

「失敗したらどうしよう・・・・」

などという小心の気持ちが出て

手が震え・・・意図しないところに絵具を落としてしまう・・・

そして高価な“紙”は涙とともにゴミ箱に。

さてさて、最近スポーツのトレーニングの一環として

楽天イーグルスなど美術館鑑賞を組み込んでいる所が出てきた。


そう、私が絶唱する“感性”を鍛えるには手っ取り早いプログラムであり
是非スポーツ界全体で取り組んでほしいと思う。

またまたさてさて 

先日、伊達公子のコーチであった小浦武志さんから分厚い封筒が送られてきた。

佐賀県立美術館で開かれているエレガンスオブニッポン展における

“岡田三郎助”のポストカード群。

「どや!この優雅さ・・・」とのこと。