So-net無料ブログ作成
検索選択

大往生を遂げる

新年早々3日に妻の母が亡くなった。

96歳の大往生である。


最近、病院は死因を「多臓器不全」とか「心不全」とかをつけたがるのだが

死亡診断書はなんと単純に“老衰”とある。

“死に方”として、これ以上に幸せなことはない。


そして亡き母の良き人柄を偲ばせるのか

通夜、通夜、本葬とたくさんの方々が参列した。


そこには号涙あり、そして大笑いあり・・・・・


人の“死”にはいろいろなものがある。

若くして亡くなられた人のお葬式には、涙あっても笑いはない。

その重苦しさは何年もの間“心”大半を占める。


************************************

人気のある“芝居”の演出には

主人公の苦しみ、悲しみの表現から始まり

最後には観客を大笑いの中に引きずり込んで幕が降りる。

見終わった観客は何かスキッとした気分で劇場をあとにする。

************************************


泣く事と笑う事は一対のものであり、

心のモヤモヤを除去する唯一の起承転結である。

これらは日常生活での精神的健康には必要な要素。


本葬が終わった後

参加者全員まるで最高の“芝居”見た後のように“笑顔”で散会していった。


新年早々気持ちが真っ新になった感覚。

ありがとうお母さん・・・・・

これまた“大往生”のおかげかな。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。