So-net無料ブログ作成
検索選択

感性は変わる?

私は14歳の春以来、散髪屋さん

いわゆる“美容院”には行っていない。

そう、中学2年から、
髪の手入れ工作用のハサミと三面鏡を使い自分でやっている。

理由は色々あるのだが。

まず、他人さまに上半身
特に“頭”や“顔”を触られるのが苦手なのでる。

難儀なことに自己散髪をする時
何故か酔っ払ってハサミを持つことが多い。

酔っているから気が大きくなり、思い切ってバッサバッサとやる。

その時はなかなかの出来栄えだとだと思い
自分の“感性”に敬意を表しながら

もう一杯やってからお風呂に入って寝てしまう・・・

しかし次の朝、三面鏡で良~く観察すると

あちこちに大きなハゲチョロケ、小さなハゲチョロケ。


結果、妻の嘲笑を背に、夏なのに深く帽子を被り出勤となる。

知人たちは初めのうち

「一応、一級建築事務所の所長なのだから、それは~ちょっと・・・」と
警告を発し続けていたのだが、

最近は私の髪型が爆撃を受けた状態であっても何も言わない。

懲りないオッサンだと思っているのだろう。

さてさて昨夜、
しこたま呑んでからハサミを持ってしまった。

今日は午後から大事な打ち合わせがある。


へこたれない精神

さてさて長い間お休みをいただいてしまった

その理由は?

公募展に出す作品作りに一点集中していたのである。

 

ズボラ者の私には

年に数回、手に汗を握るような経験をしないと心も体も萎えてしまう。 

身の丈知らず、猪突猛進の私は、今までも色々困難な物に挑戦してきた。

その度に多大なる挫折感を味わうのだが

なんせ私は”へこたれない”

学習能力が無いというか

何故か「苦しかった事」はすぐに忘れてしまう。

いわゆる鬱病などとは何ら関係ないオプチミストなのだろう。

人には大きく分けて

楽しかった事はすぐに忘れ、苦しかった事をしつこく記憶にとどめる人と

(このタイプ、私の知り合いでも結構多い)

また悪かったことはすぐに忘れ、楽しかった事を大事に記憶にとどめる人がいる。

(このタイプ、私の知り合いでは滅多にいない)

 

しかし殺伐としたこの世界で

心身共に健康で過ごそうと考えるなら

絶対に後者でなければならない・・・と考えるのだがどうだろう? 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。