So-net無料ブログ作成

小浦、石川両氏との難解なお話

久しぶりに小浦コーチとの集中ミーティング。

テーマは“疑問”。

彼曰く

最近の指導者達は“疑問を持っていない”と。


持っていたとしても奥の浅い疑問だという。

私の経験でも・・・・・

研修会の最後に質疑応答の時間を取っても
奥の深い質問をぶつけてくる指導者は少ない。

研修会は一方的に情報を与えてもらう場だと考え
同じステージで共に考えようとしない。

だったら情報を得る手段としてはDVDで十分である。

“疑問”とは強い好奇心と、その人が持つ“感性”から出てくるもの。

指導者たちに
強い好奇心と感性を芽生えさせるには、どのような手法があるのかの探索。

難解なテーマである。

その難解な話し合いの場に
突如、日本中体連の新部長、石川智雄さんが加わりより難解なことに。

禅問答的な議論は、やがて私の描く「絵画」の話
旭川の「優佳良織」の話へと脱線を始め・・・

理由は、突如現れた石川さんのせいかもしれない。

太陽-10.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。