So-net無料ブログ作成
検索選択

ピントの合った目的への集中力+集中持続力

良き友人だった、沢田さんの墓参りはちょっと早めの四月末に。


京都は深草霊園の仮住まいから、鎌倉の本家墓に引っ越したかも・・・
という不安の中訪れたのだが、どうやら未だご在宅だったようである。


一年ぶりに墓前でビールを!



さて話は変わるが


先週末、雑誌プレジデント社”からの取材を受けた。

テーマは「女性の仕事での成功」

        【 仕事で“集中力”を高める! 】


東京から私に会いに来たという女性は、
さすがプレジデント社のライター。


どっしりと落ち着き、聞き上手で頭の回転も速く、
集中力、集中持続力も私よりはるか優れているようである。


あなた、記事は自分で書いた方が良いのでは?

と言う言葉が出かかったのだが・・・原稿料の事もあり(^^)/・・・・・


さてさて、気持ちを入れ替えてと・・・。


集中力、集中持続力に関しては
雑念、緊張、妄想などに即取りつかれる男性と比べると、女性は大幅に優る。


これはどうやら後天的なものではなく先天的に備わっているようである。


それを理解するだけでも男性社会の中で自信を持ち
思考行動していただいて十分なのだが


まだ何か違うスキルが欲しいという。



そこでいつもの理論展開。


同じ集中力、集中持続力を高めると言う意味でも
間違ったピントの合っていない事に強く集中してもダメ。


間違った事に集中力を発揮しても “やり直し”など結果は無残なものとなる。

それを回避するには、事を始める前に質の高いアイドリングが必要となる。


リラックスして雑念、緊張、不安感を消し去り
② 集中して無心の境地に入り込み
③ 今、自分は何を望むのかと言う“状況判断”を的確にしてから始める事。


それが最大のメンタルリスクマネジメントであり
それには私が絶唱するR/C/T残像メンタルトレーニングが最良の方法である!


とのことを十分理解していただいたようである。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。