So-net無料ブログ作成

ゴールデンエイジ

子供は10歳を超える頃になると
それまでの親の言いなりでなく自身で「問題意識」を持ち始める。


問題意識とは
「親に指示されることをやっていれば

良いのだろうか?」
「自分の行く方向は別にあるのではないだろうか?」
といった不安感や、好奇心で反抗的な態度を見せ始める。


その現象は
“ 創造性(才能)の扉が見え始めた “ 証と考える。


我々はこの時期の子供たちを「ゴールデンエイジ」と呼ぶ。


その時期を親はいち早く察知して
即子供への素人干渉から手を引かなければならない。


手を引くとは、見捨てるのではなく“見守る”と言う立場 に変えるのである。


そして適切なタイミングで
それまでの素人干渉から専門の指導者に任せるべきである。


また任された指導者は“教える!”と言った大それた上から目線ではなく
自分の経験した生の知識を“伝える”といった同じ目線の高さで・・・・・・・・


名称未設定-1.jpg


そして何年かが経ち
その子供が “ 創造性の扉を大きく開き出した ” と察知した時
同じく指導者は即、手を引かなければならない。


ここでも見捨てるのではなく、見守ると言う立場 に変えるのである。


そしてそれからは見守り続けながら絶妙なタイミングで
 “ 助言 ” のみを行うのが役目となる。


しかしその  “ 助言 ”
指導者自身が的確な状況判断力と、豊かな感性を持ち合わせていないと
単なる “ 暴言 ” となることを注意して。



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。