So-net無料ブログ作成

感謝を伝える

感謝という意味で、再度話をしたい。


さて先日ある会社の社長に言われたこと 。

「高岸さんは自分を助けてくれた人や物に対し感謝の気持ちをお持ちでしょうネ。
しかしその感謝の気持ち、相手が分かるように表現していますか?
感謝は“表現”しなくては伝わらないのですよ。」・・・と。


私も両親に、妻に、使っているパソコンに
そして元気で毎日過ごさせてくれる人や物に感謝の気持ちは持っている。

ただ言葉で、贈り物で、手紙でといった表現はあまりしたことは無い。
わざわざ“表現”しないでも分かってくれるだろうと思うからである。


しかし「感謝は表現が無いと伝わらない」と聞いた時
一瞬、脳みそがクルクルと回り始め、それは“正解”だと思ったのである。


例えば何か事がうまくいって、そのうまくいった起因がAさんだったとした時
こんな風に感謝を「表現」したとしたらどうだろう。

時間を空けず面会に行き、深々と頭を下げながら・・・


「今回は本当に有難うございました。
このご恩、私一生忘れないでしょう。」と
贈り物などをそっと出しながら、再度深々と頭を下げる。


これだけで良い。


さてこの時の相手の気持ちはどうだろう。


「えっ?そんなに喜んでもらっていたとは思ってもいませんでした。
こちらこそ、今後とも宜しくお願いします。
また私に出来る事でしたら、何なりと言ってください。
あなたの為なら・・・・・・。」


と、ならないだろうか。


そして、それだけではなく「感謝の表現」を受けたAさんは
この時からあなたの本当の「味方」になるのです。


「感謝」は思うだけではダメ、表現してこそ相手に伝わるもの。

分かっていただけただろうか。


話は変って、この素晴らしい“感謝”と言う言葉
なにか最近あちこちで“軽い軽い”ニュアンスで使われることが多い。


百貨店、スーパーマーケット、不動産屋、
挙句の果てに墓石屋までが乱発する。


掘り出し物、大感謝セール!
閉店セール、大感謝祭!
先祖に感謝、墓石大特売・・・・・


さてさて、こんな風に使われるとありがたみもあったものではない。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。