So-net無料ブログ作成

生きる力

目標がないという事程
生きていてつまらない事はない。


「心躍る」、また「しなければならない」という目標がないと
人と会う必要はないし

なにか情報を求めて街に出ることもない。


まして体を鍛える必要もないし、なにか技術を習得する必要もない。

やがて家から出る必要もなくなり
ふと気が付くと何年間も家から出ていないと言う事になる。


これは子供、大人、高齢者の関係なく
目標がないと誰にでも起こる身近な現象。


さて最近、目標に関して面白い・・
いや切実な「なるほど話」を聞いた。


高齢者が生き生きと毎日を過ごすためには
「教養」と「教育」が必要だと言う。


何をいまさら!と思ってよく聞いてみると

朝起きて、“今日、何か用”があるのか「教養」キョウヨウ?と

“今日、行くところ”があるのか「教育」キョウイク?と言う事らしい。


いわゆる毎日例え小さな事でも“目標”がないと生きていけないと言う事。

例えば郵便局まで出かける!としたら
服も着替えなければならないし、髪も整えなければならない。
ひげもそらなければならないし、財布の中身も確認しなければならない。


いわゆる行動のシミュレーションがもとでいろいろな準備が必要になる。


そう、“準備”を始める事で脳や体に細胞刺激ホルモンがまわりだし
血圧も上昇をはじめ、人間の体としてやっと機能を始めるのです。


さてさてその目標、いったい誰が考え、作り出すのか?
と考えると・・・


※0~12歳位までは、親が子供の持つ特質をよく理解観察した上で
     責任をもって作り出し誘導する。

※12~18歳位まではバトンタッチし任された指導者が作りだし、誘導する。

※18歳を超えると
    「守、破、離 理論」に従い自分が責任をもって作り出し実行する。


さて


※定年を迎えた65歳以上の人は、それまでの経験生かし
    もう一人の自分が毎日「キョウヨウとキョウイク」を作らなければならない。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。